ホーム製品情報MAHABARとその仲間 > MAHABAR

製品情報

MAHABARとその仲間/MAHABAR

マハバーラの特長

ハイブリッド超長綿DCH32スペリアル使用
インド独特のハイブリッドコットン グジャラット州産長綿DCH32の中でも最高品質のものをふんだんに使っています。

●ソフトな風合いと柔らかな肌ざわり
繊維の一本一本が細かく繊細。かつ繊維を甘撚りで紡いでいるため、柔らかい糸となっています。

●艶やかな光沢と上品な色調
綿の繊維が細かく繊維な為一本の糸の中の繊維本数が多くなるために、つやつやとした光沢を生み出します。

●しなやかなドレープ性
インド綿は油脂分が多く独特のぬめり感があり、手摘みで収穫するため、油脂分が損なわれません。
(機械収穫は強制乾燥工程が繊維にダメージを与えます。)


インドハイブリッドコットンについて

MAHABAR産地 カルナタカ州
インド独特の手作業での異種交配栽培方法のことを言います。異種交配をして子供一代だけに限って両親の優れた特性が現れる性質を利用しています。別々の畑でお父さん綿とお母さん綿を別々に栽培し、交配の時期になると前日の夕方にお母さん綿のおしべを取り除き、また一方でお父さん畑のおしべを刈り取っておきます。翌日の夜明け前、綿の花が開花する直前にお母さん綿のめしべにお父さん綿のおしべを塗りつけます。この作業を1エーカー(サッカーコート1面)600回行わなければならず、しかも交配の日の出前に完了しなければなりません。日の出とともにめしべが自家受粉してしまい不良綿花が生まれるからです。人工交配により両親の特長を備えた種子ができ、翌年栽培されてはじめてハイブリッドコットンの綿花ができ、収穫されます。


綿種
 
繊度
μg/in
有効繊維長
mm
強力
g/tex
マハバーラ 2.9 36 30
エジプトG70 3.9 35 43
スーピマ 4.1 35 40

 

製品一覧へ戻る