ホーム企業情報 > 沿革

企業情報

沿革

1948年(昭和23年) 同興紡績設立、名古屋市守山区でメリヤス製造業を開始。
1949年(昭和24年) 名古屋証券取引所に上場。
1951年(昭和26年) メリヤス製造業から綿紡績に転換、紡績設備17200錘
1956年(昭和31年) 大阪証券取引所に上場。
1960年(昭和35年) 大口町に第二工場新設。
1978年(昭和53年) 本店を大口町に移転。
1982年(昭和57年) システム開発事業に進出。
1989年(平成元年) インド・ラジャグループより高級綿コーマ糸を輸入開始。
1996年(平成8年) 工場の操業を休止、紡績糸生産を外注委託化。
2006年(平成18年) 同興紡績株式会社より繊維事業を継承し潟hーコーボウ設立
2007年(平成19年) 同興紡績は、潟vロジェ・ホールディングスの商号で持株会社となる。アパレル事業本部を設立し、製品分野に進出を図る。
2011年(平成23年) 本店および本社事務所を本町ビルより本町センチュリービルに移転。
橋本株式会社の100%子会社となる。
2016年(平成28年) 本店および本社事務所を本町センチュリービルより本町Fビルに移転。